塩漬け株で儲ける

株であまり儲からないという人は、塩漬け株を沢山持っているという人も多いかと思います。
 因みに、塩漬け株というのは、大きく値下がりして損をした株を損切出来ないで、長期間保有したままにしている株の事です。

本当は、そういう塩漬け株はさっさと見切りをつけて、他の株に乗り換えた方がずっと良いのですが.

まあ、そんな事は他人から言われて出来るくらいなら塩漬け株にしておくはずも無いでしょう。
 そこで、どうせ塩漬け株で持っておくのなら、少しでも有効に活かしてみようというお話です。

長期間、保有していると、買値まで戻らないにしても、それなりの上下の変動と言うものが見えてくると思います。
 その株の癖と言うか、何となく銘柄特有のトレンドの様なものが見えてくるのでは無いでしょうか?

塩漬け株をナンピン買い

折角、その様なトレンドを掴んだのですからそれを放置しておく事はありません。
 そこで大抵の人がやるのが難平買いです。

 しかし難平買いは、平均買い付け単価を引き下げる事にはなりますが、リスクを倍増させている事に他なりません。
 そもそも長く塩漬けにしているような株ですから、あまり良いパフォーマンスは期待できません。
 あまり上昇が見込めないモノを更に持ち株数を増やせば、リスクは更に大きくなります。
 更に下げた場合は、当然、持ち株が増えた分だけ損も拡大します。

 実際に難平買いで傷口を悪化させる人は、結構多い様です。

ナンピン買いをすすめている様な本なども見掛けますが、ナンピン買いはオススメできません。
損切り出来ないで塩漬け株を持っているような人は、絶対にナンピン買いをしてはいけません

ではどうするのか?
 長く持ち続けていると、逆にある程度上昇したところで、「またそろそろ下落するかな?」っていうのも何となく分かってきているのではないでしょうか?

塩漬け株は空売り

そこで、「またそろそろ下落するかな?」というその時点で、今度は持ち株を売らないままで空売りするのです。

多分、長期で塩漬けするような人は、いったん持ち株を処分するともう関心がなくなってしまうと思います。
 それに、損を確定させたくないのだと思います。
そこで、空売りすると、いつも通り(?)株価が下がった場合はその分利益が出せます。

 これを何度か繰り返せば、そのうち損した分は取り戻せると思います。

では逆に読みが外れて、上昇したら?

一時的に上昇が続いてもそのうち下がると思います。 万が一持ち堪えられなくなっても、保有している塩漬けの株現物で穴埋めすれば損にはなりません。
 何しろ万が一の時は、いつでも穴埋めできるという安心感があります。

この点が難平買いのリスクが拡大するのと全く違うところです。
 新たにリスクを取らずにリターンを狙えるという方法です。

塩漬け株で困っている人は、あまりしょっぱくならないうちに、ちょっと考えてみても良いのでは無いでしょうか?

塩漬け株を貸してお金を貰う

他にも塩漬け株を証券会社に貸して利息を貰うという方法もあります。
 殆どやっている証券会社は無いようですが  マネックス証券  が貸し株が出来る様になっています。

これはもちろん塩漬け株でなくても長期保有の株などで利用できます。



次: 長期投資と短期投資

07/03/30更新 05/04/18追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー