信用取引はやらない方が危険

株価というのは上昇局面は一気に上昇する事が多いので、その間の上昇局面を狙った投資では、投資のチャンスは結構短い期間である場合が多いのです。
 ぼんやりしているとあっという間にタイミングを逃します。

逆に、下落局面ではかなり長く続く事が多いのです。
 しかし現物株取引だけでは、株価が下がると思っていてもそのまま見過ごすしかありません。
でも信用口座を開いていれば空売り出来ますので、慌てなくともチャンスは沢山ある訳です。

値上がり上位銘柄で儲ける方法

例えば、値上がり上位銘柄をチェックします。 これは簡単に証券会社その他のサイトでも調べる事が出来ます。

もちろん、値上がり上位銘柄を買おうという訳ではありません。
 そんな最終局面で買うと結果は見えています。

値上がり上位ということは、もう直ぐ下げますよ(笑)  というとっても有難いシグナルな訳です。

そこでタイミングを見計らって、空売りすれば結構高い勝率で儲ける事も可能です。

世間では空売りは虐められるので、かなり確実に下がると思っても手を拱いて見ているしかない事も多いのですけれど.(規制が掛かったりして)

信用取引は非常に危険だと思っている人も多いようです。

信用取引は資金以上に買うためのものだけではない

信用取引で資金の数倍で取引すれば危険かもしれません。 しかし空売りが出来ないというのは、前進のみで後退禁止みたいなものではないでしょうか?
 折角の投資のタイミングの大半をむざむざと見過ごさなければならない訳ですからね。

上昇局面だけをひたすら待っているのであれば、先にお話した様に上昇局面は短いものですから、少ないチャンスと思って、つい慌てて失敗する事も多いでしょう。
 しかし、上昇局面で買い逃しても、下落局面を狙えると思えば、慌ててバカな失敗をする事がグッと減ると思います。

そういう意味でも、信用口座を開いておくのは非常に重要です。

長期投資の場合でも、持ち株を売らないで、空売りしたりなども出来るし(株には波がありますから、一時的に下がると思えば、現物は持ったまま空売りをすれば、損を防げます。)、これほど便利なものは無いと思うのですが.

逆に、短期投資をされる方も、資金効率を上げるためにも信用取引は必須条件だと思います。



次: 日経平均採用銘柄で儲ける

07/03/30更新 05/04/19追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー