IPO株、新規公開株はなぜ騰がる

ではなぜ新規公開株は騰がるのでしょうか?
 ひとつは新規公開株は騰がるとみんなが思っているという事があります、がもっと別な理由があります。

新規に株式を公開すると創業者などのオーナーは莫大な利益を手に入れることが出来ます。
 何しろかなりの株を持っている訳ですから。
 当然新規公開で公開価格が高ければ高いほど儲かる訳です。 仮にわずかの価格の違いでも莫大な持ち株ですので、新規公開時の価格によって、その利益はかなりの違いがでてきます。

もうひとつは、幹事証券などの証券会社やベンチャーキャピタルなどです。
 ベンチャーキャピタル(VC)は、本来はベンチャー企業の将来を買って投資するのが本来の姿のように思うのですが、新規公開直前になると公開予定企業にたくさんのVCが出資させてくれと遣ってきます。(笑)
 もちろん大手の証券会社では普通、系列にVCを持っています。

新規公開で公開企業の幹事証券になれば莫大な利益は約束されたようなものです。
 当然株を公開する創業者も、出来るだけ公開価格を高くしてくれる証券会社に幹事になってもらいたいでしょう。
 公開予定価格などが折り合わなくて、幹事証券が替えられるということもあるようです。

ですから証券会社は創業者の利益のためにも、また、当然、新規公開の前に株式を取得している自分のためにも出来るだけ高く値が付いた方が良いのです。
 また、新規公開直後は、市場には未だ株式が流通していないので基本的に売り物がありません。
 買い注文だけでは、市場が成り立ちませんから、ここで冷やし玉として創業者などが持ち株を放出します。 そうすると莫大なお金を手にする事が出来るのです。

この様な事もあって新規公開株はほぼ間違いなく騰がるのです。

 新規公開株初値が公開価格を下回るというのはよくよくの事態です。

 大きい利益を失うばかりでなく、幹事証券の面子も丸つぶれです。

もっと分かりやすい例ではエクイティファイナンスです。
 エクイティファイナンスの場合は、既に公開してる株のある決まった日の株価を基準にして行われます。
 ですから当然その基準日にする日の株価は高くなくてはなりません。
 ですから、エクイティファイナンスが決定した時から基準日までの株価を見てみると、実に自然な感じで株価が上昇しているはずです。(笑)

とまあ新規公開で新規公開株を手に入れることが出来たら殆ど儲かったものということがわかって貰えたのではないかと思います。
 では何故、新規公開後直ちに売らなくてはならないのでしょうか?
 もちろんその企業の将来性を買って長期投資をするという考え方もあるのですが、いろいろな人たちの努力や人気によって株価は既にかなり高くなっています。
 場合によっては、そういつまでも株価を支えきれないということにもなりかねません。

ですから、あまりにも頑張りすぎた結果(笑)、大きく値を崩すものも出てくるのです。
 もちろん新規公開時の初値なんてどうでも良いくらいに急騰するものも沢山あります。

ですから初値以降は普通の株投資のように騰がる事もあれば下がる事もある。 そしてその振幅は大きいことが多いので、リスクも大きくなるということです。
 ですからリスクを少なく確実に儲けるためには機械的に新規公開後に直ぐに売ることが必要です。

ではその新規公開株をどうやって手に入れればよいのでしょうか?



次: 新規公開株を手に入れる方法

05/06/11更新 05/04/20追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー