IPO株,新規公開株を手に入れる方法

新規公開株が儲かるという事が分かっていても、実際に新規公開で株を手に入れないことには儲ける事が出来ません。

しかしどうやって手に入れれば良いのでしょうか?

もちろん証券会社を利用する事になるのですが、多分一般の証券会社では新規公開株を手に入れることは難しいのではないかと思います。
 主にネット証券を利用する事になると思います。

多くの普通の証券会社では、特別な上客等のための新規公開株の割り当てなどがある事が普通のようです。
 わたしの場合は、ショボイ客だったので実店舗の証券会社では新規公開株は全然当たりませんでした。

そういえばある超大手証券会社の店頭で、かなり高齢のおじいさんがふらふらと入ってきたら、窓口の雰囲気がパッと変わったという事がありました。
 奥から、証券会社の社員(結構上の役職らしき人たち)数人がダ~ッと走ってきてお出迎えしてました。
 それでそのまま別室へ通されてました。 きっと凄い上客だったのでしょう。 わたしもそういう待遇を受けれるようになって見たいものです。(笑)

ですから、その様な証券会社で新規公開株を狙っても、一般庶民には殆ど当選のチャンスは無いということになります。

それでは、一般庶民は新規公開で株をゲットする事は出来ないのでしょうか?
 幸いな事にちゃんと方法があります。

IPO株,新規公開株は数が勝負

ネット証券では、逆に上客に割り当てる等という方法を取らず、純粋に機械的に抽選を行うとういスタイルをとる証券会社も少なくありません。(もちろん平等に抽選でないところもあります)  証券会社ももちろん商売ですから平等でなければならないと言う決まりはありませんけれど、自分が一般庶民であると思う人は、ネット証券を使って新規公開株の抽選に参加しましょう。

逆に自分は上客待遇してもらえそうだという人は、そのような上客を優遇してくれる証券会社で申込むと良いでしょう。

 わたしの場合は、一般庶民なので、普通の証券会社では新規公開株は全く当選した事はありませんでしたけれど、公平に抽選してくれる、ネット証券では何度も当たりました

IPO株,新規公開株は口座の数が決め手

ここで問題になるのが、新規公開株は手に入れば儲けたも同然なので、当然倍率も高くなります。
 例えば、自分が使っている証券会社で、新規公開株を月に1銘柄取り扱ってたとします。
 仮に平均競争倍率が30倍だったとすると、毎月1件申込んでもやっと当選したのは2,3年後だったということにもなりかねません。

普通の人はそんなに待ちたくないでしょうし、より多くの新規公開株に当選したいと思います。
 それにはどうすればよいのかと言うと、当然ですが新規公開はブックビルディングによる抽選なので、より多くの新規公開株を手に入れるにはひたすらたくさん応募しなければなりません。

また、新規公開の株というのは、既に公開している株と違って、どこの証券会社でも同じように取り扱っているという訳ではありません。  先にお話したように幹事証券とかの関係があるのでその新規公開毎に扱っている証券会社が違っていたりします。

ですから、新規公開で株を手に入れるためのコツとして出来るだけたくさんの証券会社に口座を開いておく必要があるのです。

同じ新規公開の銘柄を、複数の証券会社の口座に申し込むと言う事ではありません。 あくまでも新規公開毎に扱っている証券会社が違っている事が多いので複数の証券会社に口座を開くのです。

応募したい新規公開が分かってからのんびり証券会社に口座を開く手続きを行っていては、間に合わない(数週間掛かる事が普通ですし、訂正で戻ってきたりすると更に時間が掛かります。)と思います。

他にも新規公開で当選するために、どうすれば良いというテクニックの様なものもありますが、確かに違う事もありますけれど、手間の割にはそれほどの効果は無いのではないでしょうか?

 一番確実に新規公開株を手に入れるのは、如何に沢山の新規公開株の抽選に申込むかに掛かっています。
 新規公開株を取り扱っている証券会社に口座さえ持っていれば、申し込みなんてちょちょっと(数クリック)で済みます。
 費用も全く掛かりませんしこれほど簡単な事はありません。

IPO株,新規公開株を取り扱っている証券会社

マネックス証券
 実はIPOの取扱は数量共に圧倒的な実績を誇ります。

オリックス証券
 抽選が2段階になっていて、優先時間帯にブックビルディングに申込むと優先して抽選が行われます。
 IPOに急いで申込んで当選確率アップ!

トレイダーズ証券
サイトのどこにも新規公開株について触れていないので、殆ど知られていないが、じつはここも新規公開株を取り扱っている。 (口座を持っているとメールで案内が来る。) 狙い目?

コスモ証券

楽天証券

SBI証券

カブドットコム証券

IPO株,新規公開株に申し込む資金

新規公開株の抽選に参加するためには各証券会社に頻繁に振込みを行ったり、逆に次の新規公開株の抽選に申込むために、 振り込んで貰う事も多くなるので、振り込み手数料が無料になったり(提携している証券会社もある)、格安で振り込める  ジャパンネット銀行  の口座も開いておくと振込み手数料も節約出来ますし、ネットバンキングで素早く対応できて便利かと思います。
手数料はともかくとしても、とても便利です。



次: 新規公開株必勝法

07/02/09更新 05/04/20追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー