IPO株、新規公開株で儲ける

なかなか当たらない新規公開株、IPO株も実はちょっとしたコツで当選の確率を高くすることが出来ます。
 今回はそのIPO株を当てて儲けようというお話です。

IPOとはInitial Public Offeringの略で、日本語では株式公開のことです。
 要するに新規上場や店頭登録する株で稼ごうというお話です。

このIPO株の投資は、普通の株投資と大きく異なります。  なぜならIPO株を手に入れれば、殆ど儲けたようなものです。

方法はとっても簡単でIPO株の公募等に応募して当選したら、必ず新規公開と同時に売るということです。

これはIPO株は騰がるという事を前提にしています。
 IPO株って本当にそんなに騰がるの? って疑ってる人もいると思います。

ちょっとここで最近の例として04/12のIPO株をチェックしてみました。
この月は全部で21銘柄のIPOがありました。
 そのうちで公募価格を割ったのは1銘柄のみ。 GMBというところが、2800円の公募価格に対して2700円の初値でした。
 一番良かったのは、リプラスの21万の公募価格に対してなんと86万です。実に4倍以上の値上がりです。
 因みに新規上場して2ヶ月過ぎましたが、一貫して上昇を続けて、現在は200万くらいです。
 他の銘柄も2倍以上くらいは珍しく無いと思います。

残念ながらIPOで手に入れることは出来なかったのです、公募価格120万円で初値が420万円、そのまま騰がり続けて1ヶ月も経たないうちに2200万円を超えてしまいました!
 これぞIPO株の醍醐味ですね。

このIPO株というのは、この様に儲かるものなのに難しくもなんともありません。
 また別に何の戦略も要りません。

IPO株の公募に応募して、当選したら公開後直ぐに売るだけです。

この間の日数も数日。 この月の勝率は21銘柄中20銘柄が騰がってますから、勝率95%以上です。
 IPO株でなく、普通に株投資ではこの様な勝率はありえないと思います。

 いかにIPO株がリスクが殆ど無いにも関わらず、大きく儲かるかということが分かると思います。

 株で損してばかりという人でも、IPO株専門で行くと殆ど損知らずですね。

IPO株に如何に当選するかというテクニック等もいろいろといわれる様ですが、そんな難しいテクニックよりも簡単にIPO株に当選する方法があります。



次: 新規公開株はなぜ騰がる

05/06/21更新 05/04/20追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー