ETFで儲ける

今回は、積極的にETFを使って儲けようと言うお話です。

ETFとはExchange Trade Fundの略で上場投信とも呼ばれます。
 株価指数に連動した投資信託、つまりインデックスファンドを株のように市場で売買出来るようにしたといった感じの商品です。

ETFには幾つかの種類がありますが、日経225やTOPIXに連動したものがメインになっています。
 しかしこのETF、インデックスファンドと同じ程度と考えてあまり積極的に利用していない人も多いのではないでしょうか?
 確かにインデックスファンドより手数料が安い程度で、個別の株と比べたら利幅もそれほど取れない様に思えます。
 しかしこのETFは、信用取引が出来ますからレバレッジを掛ける事も、空売りをする事も出来ます。

例えば日経225先物であれば1単位で1千万円以上の取引となります。
 確かに少ない証拠金で取引も出来ますが、資金の少ない人にとってはレバレッジを掛け過ぎということにも成りますし、現物株のリスクヘッジに使うには単位が大き過ぎます。

でもETFの場合は、商品によっても異なりますが、大体1口十数万円程度で売買できるものが多いので、持ち株がそれほど多くない場合でも、現物株のリスクヘッジの手段としても使えるのではないでしょうか?

また指数先物をやってみたい人も最初から大きな金額での売買に自信がない人でも、実際には先物とETFですから色々と異なりますが、取り敢えず練習のつもりでETFから始めてみるのも良いのではないでしょうか?

また個別の株の様に大幅な株価の変動は起こり難く、業績修正、インサイダー、粉飾決算、倒産などによるリスクが大幅に軽減点でもリスクコントロールがやりやすく、便利だと思います。

オリックス証券
ETFやREITの売買手数料が一般の株の売買手数料の半額に設定。
 また更に最大35%の割引制度があり、利幅を大きくとり難いETFにも有利な手数料体系



次: 新規公開株で儲ける

07/03/30更新 05/10/29追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー