株のクロス取引で節税する

クロス取引とは、同一の銘柄、数量、価格の注文を売りと買い同時に行って取引を成立させる取引の事です。

同じ価格で、自分で売って自分で買い戻す訳ですから、その取引自体では利益も損失も新たに発生することはありません。 儲けも損も無しです。
 それどころか多少とはいえ売買手数料の分を損してしまいます。
 一体何のためにわざわざクロス取引など行うのでしょうか?

クロス取引の1つの理由として節税が挙げられます。

例えば、あなたが株の売却で100万円儲けたとします。
 そのままであれば、100万円の利益に対して税金が掛かります。

ところがあなたは別の銘柄で含み損を抱えて、当分処分する予定のない、塩漬けしている銘柄があったとしましょう。
 仮にこの銘柄での含み損が100万円だったとしたらどうでしょう?

 この含み損を抱えている銘柄を利用してクロス取引するのです。
 クロス取引を行う事で、この銘柄の含み損100万円を確定させます。

先の100万円の利益クロス取引の分の損失100万円を通算すると利益額は0円になります。
 そのままであれば、税金を払う必要がありましたが、クロス取引を行う事によって、合法的にその分の税金を払う必要がなくなると言う訳です。
 (クロス取引の損失の分が、利益の分と同額でなければならない訳ではありません。)

例えば、どこの証券会社でもやってくれる訳ではありませんが、 楽天証券  などの様に一般の取引と別にクロス取引のサービスも行っている証券会社もあります。
 これだと自分自身でタイミングを計って、売りと買いをぶつける手間や、同じ価格で約定出来ず差額を損するというリスクをなくす事が出来ますので、 そういうサービスもあると憶えて損は無いでしょう。

因みに、高値でクロス取引や安値でクロス取引を行って株価を誘導するのは、株価操縦といって法律で禁止されています。



次: リスク無しで10%の高利回り

05/12/24更新 05/12/24追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー