アメリカの不動産に投資

不動産を購入を考えるならば、早めに準備をしておく必要があるのですが、特に不動産を購入するのにローンは欠かせないと思います。

 しかし、外国人で非居住者ならば特に準備が必要です。

アメリカでは、ローンを組む際に、欠かせないもののひとつとしてクレジットカードがあります。
 日本では所得証明や担保などが一般的ですが、アメリカでものを言うのはクレジットカードの信用です。
 これで過去に滞納が無いかとかどれくらいの支払い能力があるかなどを判断する様です。
 (アメリカに行かれた方はご存知だと思いますが、アメリカではクレジットカードが身分証明証代わりになります。)
 アメリカに海外から移り住んで困る事のひとつが、このクレジットカードの信用が無い事だそうです。

ですからアメリカで不動産投資を考えるならば早めにクレジットカードの信用を作っておく必要があります。
 もちろん日本のクレジットカードの利用歴では、そのままアメリカでは使えません。

ではどの様にするのかと言うと   外資系のシティバンクやダイナース、アメリカンエクスプレスなどの(日本ので大丈夫です)クレジットカードを作ります。
このシティバンクはアメリカでも最大規模の金融機関で、アメリカはもちろん世界に店舗などのネットワークを持っています。
そして普段の買物などをこのカードで利用するように心がけます。
滞納などの無い様に利用していれば段々と信用がついてくると言う訳です。

アメリカでローンを組む時には、信用調査でクレジットカードの履歴を調査されるのですが、当然普通の日本のカードでは調べることが出来ません。
 しかしシティバンクは、さすがに米国系の会社だけあって、英語で提出用のクレジットカードの履歴を作成してくれます。
 ですからそれを提出すれば大丈夫です。

わたしも実際に海外で不動産を買うためにローンを組む時には、そのシティバンクの威力を痛感しました。

 その国に国籍もなく、更には非居住者で、当然何らかの保証人や担保をその国に持っていた訳でもないのですが、それにもかかわらずローンは簡単におりました!

今すぐにしろ将来にしろ、海外に目を向けるのであれば、取引履歴がある程度長く(数年間前までチェックされる)ないと信用として評価されませんので、 今のうちからカードで取引実績(もちろん日本国内でも構いません)を作っておくと良いと思います。

シティカード

普通とは比べられない程の利用価値(ステータスを別にしても)を考えれば、会費が普通より高くてもすぐに元は取れると思います。  会費が心配な方は、シティクリアカードなら年会費永久無料ですから、そちらを利用されて取引実績を得ておくのも手ではあると思います。

さらにシティのゴールドカードならかなり凄い特典があります。
 関連のシティバンク(銀行)と組み合わせた使い方です。

シティバンク(銀行)は、かなり便利な銀行で、海外送金をする時の手数料が安かったり条件を満たせばタダとかになります。(普通の銀行では5千円くらい?)

その他にも米ドル建ての小切手を受け取って換金する場合はシティバンクの小切手だと手数料が無料です!(世界でも有数の銀行なので、アメリカから小切手を受け取る場合、シティバンクと言う事も多いです。)  また他行の場合も千円くらいだったと思います。 ちなみに米ドル建ての小切手だと普通は、よその銀行では1枚4,5千円くらいの手数料が掛かるみたいです。 更に時間も掛かります。(何週間か)

ところがシティバンクもひとつ泣き所があって、毎月の平均残高が一定額に満たないと口座維持手数料として月に2100円も掛かってしまいます。
 口座維持手数料が掛からない様に、預金残高を維持するのも、金利が安いのに預金を遊ばせておくのはもったいないですよね?

しかしこの口座維持手数料を残高によらずタダに出来る方法があります。

シティバンクのクレジットカード(ゴールド以上)の引き落とし口座として、シティバンク(銀行)を指定すると、口座維持手数料が一切必要なくなるのです!
 これで年間25200円を無料に出来ます。
 これであとはクレジットカードのメリットばかりでなく、海外送金や米ドル小切手の換金がお得に出来るのです。
* 因みにアメリカでは普通の個人でも小切手を使うのは普通ですので、かなり役に立つと思います。

取り敢えずは、海外取引のために必要な準備についてお話しておきました。
 具体的な海外取引についてはまた紹介させていただきます。



次: 中国不動産投資

05/06/28更新 05/06/28追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー