不動産投資について

不動産投資については、投資に関心のある多分殆どの人が、やってみたいと思っているのではないでしょうか?
 株式投資はリスキーだと考えて敬遠する人でも、不動産投資については別格だと考えているのではないかと思います。
 実際、お金持ちで不動産に縁がない人は皆無では無いかと思います。

不動産で、よく自分で所有して住むのと賃貸に住むのではどちらが得が? などということが云われていますが、 投資として考えれば、お金持ちと不動産投資が切り離せない事を考えれば答えは出ていると思います。

では、それほど魅力的だと思っている人が多いにもかかわらず、なぜ実際に投資をしている人が少ないのでしょうか?

 やはり金額が大きくなる事が原因でしょう。

しかしここで強く言いたいことがあります。

 お金に余裕の無い人ほど、小さいお金にこだわる事を「たったそれっぽっちでどうなるって言うの?」等という人が多いのでは無いでしょうか?
こうして必要のないお金でも金額が小さければ平気で無駄にします。
 しかし逆に金額が大きければ、必要だったり、有利であってもお金を使うことが出来なかったりします。

お金持ちは全く逆です。(お金を稼ぐ=お金持ち、ではありません)
 小さな支出でも無駄を嫌い、大きな支出でも良いと判断すれば惜しみなく使います。

お金の無い人は、(必要かどうかでなく)金額の多少で判断し、
お金持ちは、(金額の多少に関わらず)無駄か有益かで判断すると言う事です。

それに不動産投資はやった事がない人が思っているほど、大金がなければ出来ないと言うものではないのです。



次: 賃貸と所有

05/07/10更新 05/07/09追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー