不動産投資は新築か中古不動産か

不動産投資でわざわざ新築の物件を選ぶ人の考えが理解出来ません。

 新築物件は一般に業者の利益の分が2,3割程度上乗せされているそうです。
 まあ商売ですから利益を乗せるのは当たり前です。

どんなに高額な不動産でも、あなたが不動産を買った途端に、中古物件になります。
 新築は確かに人気があるので賃貸に出せば直ぐに埋まるでしょう。 でも新築がウリでお客さんをよべるのは、最初の一人だけです。

仮に新築で1千万で買ったとすると、買った途端に2,3百万円の評価損になります。
 昨今の経済状況を見ると、場合によっては、もっと安くなる事も珍しくないでしょう。

新築と言う事で、最初のお客さんがつき易いという理由だけで数百万円とそのローン金利を払う価値がありますか?

家賃設定にしても、新築で1千万程度の物件であれば、まさか何万円も差をつけられないでしょうから、せいぜい数千円から一万円くらいでしょうか?

それも最初の1人だけ. 入居して直ぐに出て行かれると大損ですね。

仮に新築で1千万円で買って家賃7万円であれば、年利換算8.4%の利回り
 同じ物件を普通に中古で700万円で買って家賃7万円であれば、12.0%。
 500万で購入できれば16.8%にもなります。
 *以上全てグロスで

自宅であればまた別ですが、投資用の不動産にわざわざ新築を選ぶのは賢い選択ではありません。



次: 競売不動産

05/07/10更新 05/07/10追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー