ペイオフは誰にでも影響がある

ペイオフについて、自分は1千万円も持っていないので関係ないと思っている人も多いのでは無いでしょうか?
 ところが実際には、1千万円以下でも関係があります

預貯金は、全額保護されていたものが、05/04/01から元本1千万円を越える部分に関しては保護されなくなりました。

一般的に考えられるペイオフ対策として、複数の銀行に分散して預金するということや新しく出来た決済用預金という口座を利用する等では無いでしょうか?
 決済用預金というのは無利息、いつでも引き出せる、決済に使える、全額保護の対象になるというものです。

要するにいままでの普通預金が保護の対象になる代わりに利息が付かない預金ということですね。
 まあ現在の預金の利息を考えれば只みたいなものだから、変らないといえば変らないともいえますけれど。

さて、話は1千万円以下でもペイオフに関係無い訳ではないという話に戻ります。

銀行が破綻すれば、確かに1千万円以下は保護されるのでしょうが、当然直ぐに下ろせる訳ではなく、全ての預金は一旦ロックされる事になるはずです。
 あなたのお金が戻ってくるのではなく、預金保険機構なりが肩代わりして代わりに預金者に支払うという事になるはずです。

ですから、その間の時間が掛かる事が考えられます。
また、破綻した金融機関での、ローンの支払いやその他支払いの引き落としなどもストップする事になるでしょう。
 その間支払いを待って貰えれば良いのでしょうけれど.

この様にペイオフ対策は、預金が1千万円以下の人でも考えておく必要があるのです。

最近は、ただペイオフの問題だけでなく、他にもスキミングなどいろいろな問題があるので、わたしの場合は、銀行口座は決済専用と割り切って、支払い分に充てる程度しか預けない様にしています。

残りの分は、証券会社に預けています。
 証券会社の口座であれば、いきなり他人の口座へお金を移されるおそれがありません。
ですから銀行口座の様にスキミングの心配も必要ないと思います。

 これは証券会社の口座からお金を引き出す時は、他人の口座に振り込む事は出来ないので、自分の銀行口座へ振り込んでから銀行口座から引き出すという2段階の手続きになるので、殆ど危険は少なくなると考えられるからです。

 また証券会社から銀行口座へ振り込む際も、振込手数料が掛からない証券会社も少なくありませんので、余計な費用が掛かる訳ではありません。

また証券会社に預けた資産(株券やお金)は、法律で証券会社自身の資産とは別に保管する事が義務付けられています(銀行は預かったお金を運用して収益をあげるので当然無理です)ので、ある意味銀行よりも安全かもしれません。

さらに、証券会社でMMFやMRFで運用すれば銀行の預金よりも高い利回りである事も少なくありません。
 もちろん、証券会社にお金を預けたからといって株をやる必要はありません。



次: 投資について考える

07/03/28更新 05/04/18追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー