スワップ金利と外貨預金

今回は、外貨預金をする位だったらスワップ取引、スワップ金利(スワップポイント)で稼ぐ方がずっと儲かるというお話です。

外国為替証拠金取引でスワップ金利と呼ばれるものについてお話したいと思います。
 今回は、スワップ金利について初心者の方が何となくイメージ出来る様に外貨預金と比較して、かつイメージしやすい様に、あえて正確な説明で無い部分もあります。
 スワップ金利はスワップポイントといった方が良いように思いますが、一般にスワップ金利の方が通るようですのでここではスワップ金利と統一しています。

スワップ金利と外貨預金を比較

 外貨預金 について簡単にまとめると、
実は外国為替取引に他ならない。
 日本の一般的な預金と違い、外貨預金の定期は途中解約が一切出来ないので極めてリスクが高い
 TTSとTTBの開きが大きいのでコストが高い

例えば、米ドル預金をする時に、USDでTTS 100.00円、TTB 98.00円だったとします。(実際に2円程度の開きが普通です)
 外貨預金の満期日に全く同じ為替レートだったとして、ドルから円に戻すと100円が98円に減ってしまいますので、外貨預金の利息が2%(2円分)以上なければ為替リスクを取った上に損失が出てしまいます。
 税金の関係も考慮に入れなければ成らないのですが、ここでは煩雑になるので省略します。

外国為替証拠金取引の場合

外国為替証拠金取引の場合は、スプレッドが5銭とか3銭というところもあります。
 100.00円が99.95円などという事になりますから、先の銀行の場合に比べて為替取引に掛かるコストは2円と5銭では40分の1、 2円と3銭では67分の1程も違いが出て来ます。

2円以上円高にならないとコストが回収出来ない外貨預金と、数銭程度の為替のブレ程度でも元が取れる 外国為替証拠金取引ではどちらが有利かは考えるまでも無いと思います。

更に外貨預金の定期では、一旦預けるとどんなに円安になると思っても途中解約は出来ません。
 外国為替証拠金取引では、24時間いつでも(時間に制約のあるところもある業者もありますが)ポジションを解消できます。

では外国為替証拠金取引を使ったスワップ金利で儲けるというのはどういうことでしょうか。



次: スワップ金利で儲ける

05/04/26更新 05/04/26追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー