中国人民元の切り上げで儲ける

人民元について2年ほど前に書いたものですので、今となっては当たり前の事が書いてありますが、後半に新しく加筆しています。

最近、中国人民元の切り上げが行われるのはほぼ確定的な雰囲気になっている様です。

 では、実際に中国人民元が切り上げられたとしたらどの様な事になるでしょうか?

簡単に言えば、中国人民元が切り上げられるということは、他の国の通貨に対して中国人民元の価値が相対的に高くなると言うことです。

つまり中国人民元で評価されるモノが値段が騰がるという事です。
 ですから、中国人民元の切り上げが行われる前に、投資していれば投資対象自体が値上がりしなくても自動的に儲かるということに成ります。
 もちろん投資対象自体が値上がりすれば、中国人民元の切り上げとあわせて2重に儲かるということに成ります。

中国人民元の切り上げで儲けるためには、中国人民元自体に投資するのはもちろん、中国株、中国の不動産などに投資していれば、中国人民元の切り上げが行われた場合はそのまま儲かる事に成ります。
 これはわたしたち投資を考えるものにとっては非常にチャンスですね。

為替投資というと何だか非常にリスキーに思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに資金の何倍ものレバレッジを掛けるとリスクが高くなりますが、 レバレッジを掛けなければ普段は株等のように値動きの激しいものではありませんのでそれほど高いリスクではないと思います。
 また、日本の金利は相変わらず、超低金利ですから、日本の円よりも中国人民元の方が高い金利の状態であれば、 理屈上中国人民元を買って円を売るポジションであれば中国人民元の金利と日本円の金利の差額が儲かるという事に成ります。
 のんびり中国人民元の切り上げに成るのを待っている間も、差額の金利で儲けるという事も出来るということに成ります。

 多分、人民元の切り上げは一度にではなく、何度かに分けて行われるのではないでしょうか。

上記の記事を書いてから2年ほどになりますが、実際に中国人民元はして上昇を続けています。
 ここまで騰がればもう騰がらないと思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、中国人民元の上昇は中国経済の発展を反映しています。
 中国の経済は今後更に大きく発展して行く事はほぼ間違いの無いことですから、中国人民元も今後更に大きく上昇してゆくものと考えられています。

中国人民元の上昇はまだまだ序章に過ぎないのではないでしょうか?

ただ中国人民元を取り扱っている業者が非常に少ない様です。

中国人民元を取り扱っている
外国為替証拠金取引業者

ひまわり証券株式会
日本で一番最初に外国為替保証金取引を始めた老舗で、評判もとっても良いです。
初心者向けにも色々と取引の手法などを紹介していますので、とっても勉強になると思います。



次: 外国為替証拠金取引はリスキーか

 

07/02/11更新 05/04/21追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー