IPOとは

IPOとはnitial ublic ffering(イニシャル パブリック オファリング)の略で、初めて一般に株を売り出すと言った意味になるのでしょうか。  日本語では新規株式公開とか新規上場などといいます。

IPOの際に、既に発行された創業者などの持分を売却する売出しと、新たな増資による資金調達の公募、などがありますが多くは両方が行われるようです。

一般の投資家は、証券会社を通じて行われるBB(ブックビルディング)と呼ばれる入札に参加してIPO株(公募株、売り出し株)を手に入れることになります。

日本のIPOでは、普通は非常に安い価格でIPO株の価格が決まるので、公開後に公募価格と比べてかなり高くなりやすいのです。

その結果IPOは非常に人気があり、IPO株を手に入れれば、儲けたも同然という様な状態になっています。

関連 : IPO新規上場株で儲ける



05/06/10更新 5/06/09追加

(c)2005-2010 KeyLa, All rights reserved

ネットで株投資入門

リンクフリー